浜新硝子株式会社




会社案内

ガラス加工

合わせガラス

2枚のガラスの間に柔軟で強靭な中間膜を挟み、加熱圧着 させて作ります。

  • 高い安全性
    ガラスと中間膜が一体化しているため、ガラスが割れても飛び散ったり、脱落しにくく、衝撃物が貫通しにくい性能を持っています。
  • 紫外線をカット
    中間膜が紫外線を99%カットするので室内のカーテン・家具類の褪色を防ぎます。
  • 防犯効果
    強靭な中間膜があるため貫通しにくく、侵入や盗難防止性能にすぐれています。
    中間膜の厚さを厚くすると、より防犯性の高い合わせガラスになります。
  • バリエーション
    ガラスとガラスの間に和紙やPETフィルムをはさむことで、表情のあるガラスを作成することができます。

合わせ断面図

合わせガラスにできるガラスの最大寸法 :
仕様により異なります。必ず事前にお問い合わせ下さい。

合わせガラスにできるガラスの最小寸法 :150×150mm

ガラス破損時比較


[↓Products・加工案内↓]
(C) 2007 Hamashin Glass, Inc. All rights reserved.